毎日続けられる!ランチにおすすめのダイエット弁当レシピ

酵素たっぷりのお弁当でらくらくダイエット

酵素といえば野菜、といえるくらい野菜には多くの酵素が含まれています。日々の健康のためにも積極的に摂取したいですよね。しかし外出先での食事となると、麺類やパン、肉など、どうしても野菜不足になりがちです。そんな時は、あらかじめお弁当を作って持っていくのが良いでしょう。
お弁当をつくるうえで注意することは、食材の水分です。汁っ気の多いものを入れると腐る原因にもなりますし、何よりべちゃっとしていては食欲も削がれますよね。しかし、生野菜や果物には酵素がたっぷり含まれており、お弁当メニューに取り入れたいところです。
こんな時は、和え物が便利です。胡麻で和えたりかつお節で和えたりすることで、食材の持つ水分を吸ってくれます。何より手軽に作れるのがうれしいポイントです。年中手に入り、価格も比較的安定しているきゅうりの和え物などはお弁当にぴったりのメニューですね。

基本の割合は3:2:1

お弁当のバランスですが、主食:主菜:副菜が3:2:1を目安に作りましょう。
主食とはごはんやパン、麺類のことですが、パンにはバターなどの油分も含まれているため、なるべくならお米を食べるようにしましょう。主食は炭水化物なので食べ過ぎないことが重要です。
主菜はお肉や卵のことを指します。なるべく低カロリーな食材を選ぶようにしましょう。鶏のささみや胸肉などが定番ですが、こんにゃくを冷凍してから調理すると食感がお肉のように変化し、主菜としても満足いく一品になりますよ。
副菜は、野菜や海藻料理などを指します。野菜には酵素がたっぷりと含まれており、積極的に摂取したいところですね。また、ヒジキなどの海藻もミネラルを豊富に含んでおり、ダイエットメニューとして最適です。
その他にも、スープジャーを使った温かいスープ弁当などは、寒い冬にほっこり温まって丁度良いですね。